So-net無料ブログ作成

氷点下2度…北海道神宮で寒中みそぎ(産経新聞)

 氷点下2度のいてつく寒さの中、札幌市中央区の北海道神宮で17日、「寒中みそぎ錬成会」が行われた。札幌市内ではこの日、午前中まで雪が降ったが、寒中みそぎが始まる午後1時半ごろには晴れ、真っ白な雪に覆われた境内に「エイッサー」と威勢のいい声が響き渡った。

 北海道神宮での寒中みそぎは今年で2回目。東京都千代田区の神田明神の「寒中みそぎ」を見た北海道神宮の宮司が「もっと寒い北海道でやってみよう」と提案して昨年から始まった。

 今年は昨年より多い男性30人、女性7人の計37人が参加、男性はふんどし1枚、女性は上下白の装束で、寒中みそぎに臨んだ。

 札幌管区気象台によると、この日の札幌市中央区の最低気温はマイナス7.6度。寒中みそぎの前、境内の気温はマイナス2度ほどだったが、参加者がたらいにくんだ冷水をいきおいよく浴びると、からだから湯気が立つほどの熱気。途中、屋根に積もった雪がみそぎ場に落ちてくるハプニングもあった。

 参加者のなかで最高齢となる札幌市の松尾良子さん(72)は「気持ちが良かった。体が弱ったりせず、この年で寒中みそぎができるということに、感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。

 一緒に参加した娘の睦美さん(45)は「みそぎが始まる前は、とても寒くて不安でしたが、やってみると、思ったより冷たくなかった。2人で参加できて本当に良かった」と話していた。

【関連記事】
鳩山首相「みそぎと胸張るつもりない」
雪降る中「えーい!」…180年目の寒中みそぎ 北海道
のりピー「来夏にも復帰」シナリオ着々 中国で映画説
耐えろ、耐えるんだッ! 極寒の川に飛び込む男らの謎
冷水かぶって「エイッ!」 東京・神田明神で寒中禊

「海賊に指一本触れさせぬ」=商船護衛部隊の海自指揮官(時事通信)
【中医協】「薬剤管理指導料」の係数化は見送り(医療介護CBニュース)
政府、ハイチに500万ドル上限の緊急無償資金協力(産経新聞)
<火災>飲食店など13棟焼ける 1人けが 東京(毎日新聞)
朝日社説「小沢氏に進退を問う」 石川議員逮捕に新聞各紙厳しい論調(J-CASTニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。