So-net無料ブログ作成
検索選択

「斟酌の理由ない」に反発=沖縄出身議員(時事通信)

 民主党の喜納昌吉参院議員ら沖縄県出身の与党議員は26日昼、衆院議員会館で会合を開き、米軍普天間飛行場の移設問題をめぐり、平野博文官房長官が同県名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」と述べたことに反発し、近く平野氏に直接抗議することを決めた。会合では、「基地を背負っている人たちへの発言としては異常だ」(国民新党の下地幹郎政調会長)などと批判する声が相次いだ。 

【関連ニュース
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り
言葉が軽い=「斟酌の理由ない」発言
普天間、地元同意なしで結論も=平野官房長官
「中央政府が決めること」=基地再編で米国防総省高官
普天間、白紙での議論強調=鳩山首相

<名古屋市>住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達(毎日新聞)
<センター試験>追試、過去最多の972人(毎日新聞)
水俣病訴訟 和解協議始まる 不知火患者会と被告(毎日新聞)
ヒマラヤ氷河「2035年消失」は誤り(産経新聞)
<生きる>横浜でクラシック演奏 病気の子ら2千人を魅了(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。